Izumi Marcheスタッフがお届けする最新情報
http://izumimarche.com/
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Izumi Marche コンシェルジュのお店紹介4「Oval coffee stand」

皆さんこんにちは。

宮城大学ART STANDARD.1年の中村です。

 

泉マルシェのお店紹介も第4弾となりました。

今回紹介するのは地下鉄五橋駅、愛宕橋駅から共に徒歩5分の場所にある

 

「Oval coffee stand」

 

さんです!


 

落ち着いた雰囲気の中でコーヒーを楽しめるとてもお洒落なコーヒー専門店です。

 

 

お忙しい中、いくつかの質問に答えて頂きました。

 

Q.お店の名前の由来はなんですか?

A.お店の壁の色イギリスの伝統色oval room blueからきています。

 oval=楕円、コーヒーもドーナツも”正円”ではない、温かみのある手仕事で表現したいという思いです。

 

Q.コーヒーにはどんなこだわりがあるのでしょうか?

A.少量時価焙煎のフレッシュで、高級ではない、デイリーで毎日飲んで頂ける、生活の一部でありたいです。

 

Q.フードでは何がおすすめですか?

A.岩手産小麦とフランス発酵バターを使用したハンドクラフトのドーナツです。

 

Q.泉マルシェにはなぜ出店しようと思ったのですか?

A.仙台の人間ではないので、ことさら泉区のことはあまり知りません。

 これをきっかけに、お店のコトを知っていただければと思いました。

 

Q.泉マルシェでは何を出品しますか?

A.☕🍩(珈琲とドーナツ)

 


全部美味しそうな上にとにかくお洒落。

写真をお借りしたfacebookにもInstaglamにも、お洒落な写真がたくさん更新されていました。

お店の雰囲気はお部屋インテリアの参考になることも間違いなしです、、、

 

 

Q.最後に泉マルシェへ来場してくださるお客様へ一言お願いします。

A.フルーティな自家焙煎コーヒーとハンドクラフトドーナツのお店です。

 とっても相性の良い2つのフードペアリングを是非とも楽しんでくださいませ。

 

Oval coffee standさん、ありがとうございました。

個人的に中村へクリティカルヒットのお店なので、マルシェ以外の日にもお店を訪ねてみたいと思っています。

 

泉マルシェへお越しの方は是非是非Oval coffee standさんのコーヒーとドーナツをお買い求めください!

 

 


----------------------------------------------------

Oval coffee standさんInstaglam➟https://www.instagram.com/oval_coffee_stand/

           facebook➟https://ja-jp.facebook.com/pg/Oval-coffee-stand-915971875082956/posts/?ref=page_interna

 

----------------------------------------------------

 

-------------------------------------------------

■Izumi Marche 公式ホームページ
http://izumimarche.com/

 

■Izumi Marche Facebook
https://www.facebook.com/izumimarche/

 

■Izumi Marche twitter

https://twitter.com/izumi_marche

 

■お問い合わせ先

otoiawase@izumimarche.com

-------------------------------------------------

 

Izumi Marche コンシェルジュのお店紹介3「MARY'S RUM」

こんにちは、宮城大学ART STANDARD.1年の若林です!

 

今回も私たちコンシェルジュが泉マルシェに出店するお店を紹介していきたいと思います。

 

今回取材に行ってきたのは、ラム酒とラム肉のお店「MARY'S RUM」さんです。

 

仙台で唯一のラム酒専門店です。

 

お店に入ると様々な種類のラム酒が置かれていました。

 

お店に勤めていらっしゃる佐藤さんにお話しを伺いました。

 

オーナーの細川さんが「ロンサカタ」というラム酒を気に入り、仙台でラム酒をはやらせたいという思いから2014年からお店を始めたそうです。

ちなみに「ロンサカタ」は甘味が強くタルの香りがついていて、ラム酒を好きになるきっかけとなるものらしいです。

私も20歳になったら挑戦してみたいです。

 

またラム酒だけではなくモヒートやキューバリブレ(ラムコーク)などもあり、ロックやストレートでラム酒を飲むのは・・・と思っている方でも大丈夫な品揃えとなっているそうです。

 

次にお店の名前の由来を聞いてきました。

オーナーの細川さんがニューヨークへ研修旅行に行ったときにお世話になったマリーさんのお節介さから「ホスピタビリティにあふれた場所になってほしい」という思いから「MARY'S RUM」という名前になったそうです。

 

次にお店の内装についてお聞きしました。映画に出てくるようなお店だと思っていましたが、イメージしたのは「キューバ」。ラム酒はサトウキビから作られているので、キューバなど中南米、カリブ諸島で作られているのが多いらしく、お店の雰囲気もそちらに寄せたそうです。

 

続いてお店のこだわっていることをお聞きしました。お店ではモヒートが飲みやすいということで人気で、普通のお店は甘さをだすのにシロップを使うことが多いらしいのですが、MARY'S RUMさんでは黒糖を使っているそうです。黒糖のほうが飲んだ後に甘味が残らないらしいのでいいみたいです。

 

お店にはやはりお酒のお店ということもあり、30代より上の男性が多いそうです。またお店の雰囲気と女性の従業員がいることからか、女性1人でも立ち寄ることあ多いらしいです。

1人で飲みたいけどいざ入るのは不安と考えている女性でも「MARY'S RUM」さんはおすすめです!

 

また料理にも力を入れていて、「キューバンサンド」という料理があります。こちらは「シェフ」という映画でピックアップされた料理で2月から〜7月までランチ営業していたらしくそこでだしていたそうです。バケットにハムとチーズとオレンジジュースとスパイスを入れて漬け込んだローストポーク、コルニッションと呼ばれるきゅうりをピクルスにしたものをスライスしてはさんだシンプルだけどボリューミーな品だそうです。

今は七ヶ浜のほうで海の家をやっていて、チキンや串焼きなど販売しているそうです。(海の家期間中はお店でランチ営業しておりませんのでご注意を!)

 

お店には100種類以上あるらしいのですが、これでも少ないそうです。東京のほうがラム酒が入荷される量が多いらしく仙台は少ないそうです。ラム酒は映画などの影響で飲むのをためらってしまう人もいるそうですが、実際はアルコール度数が低いのもあるそうなので気軽に飲んでほしいとのことでした。

 

最後に泉マルシェに来場される皆様へ「カリブの陽気な雰囲気を楽しんでいただけたらいいな」だそうです。

 

みなさん泉マルシェを訪れた際はぜひ「MARY'S RUM」さんに立ち寄ってみてください。

 

佐藤さん、お忙しいなかありがとうございました!

 

 

 

-------------------------------------------------

■Izumi Marche 公式ホームページ
http://izumimarche.com/

 

■Izumi Marche Facebook
https://www.facebook.com/izumimarche/

 

■Izumi Marche twitter

https://twitter.com/izumi_marche

 

■お問い合わせ先

otoiawase@izumimarche.com

-------------------------------------------------

 

Izumi Marche2017 コンシェルジュのお店紹介2「オフルニルデュボワ」

皆さんこんにちは!

宮城大学ART STANDARD.の藤井です!

 

取材第2弾をお伝えします!

 

今回取材に行ってきたのは、

仙台太白区にある自家製天然酵母パンの店、

オ フルニル デュ ボワ-Au fournil du bois- さんです!拍手

 

 

入り口を入っていくと、、

 

暖かな雰囲気の店内に、おいしそ〜なパンがずらり!

 

あっこれ絶対おいしいやつだ。(取材後買って食べたらむちゃくちゃ美味しかったです!!)

 

 

パンのほかにナッツなども...♪

 

イートインスペースもございます!

11:00~17:00に数量限定でランチもやってるそうですよ!

 

では、さっそくお話を聞いていきましょう。

 

お店について教えてください!

フランスの田舎のパン屋をイメージしている。

お店の名前にも入っている"フルニル"はパン工房という意味。

日本ではマイナーな天然酵母パンの食べ方の提案をしているそうです。

 

天然酵母パンって?

パンの基本の材料である水・塩・小麦粉と、天然酵母のみを使用したハード系のパンのことです。

バターや砂糖は使用していないので、体にやさしい♪

イースト菌を使用した一般的なパンとは違い、気温や湿度によって味が変化するのが特徴。

同じ種類のパンでも、季節によって違った味が楽しめます!

ずっしりしていているので、少しの量で満足感が得られます。

天然酵母の独特の香りの虜になったリピーターさんがよくいらっしゃるそうですよ!

 

客層はとても幅広く、若い方からお年寄りまで様々な方が訪れます。

 

そんなオ フルニル デュ ボワさんは今年の泉マルシェに

定番の天然酵母パンはもちろん、クロックムッシュなども販売してくださるそうですよ〜!

 

 

では、最後に当日泉マルシェに来場するみなさまへとメッセージをいただきました!

「買おうかな?と迷ったらぜひお声がけください!」とのことです!

 

オフルニルデユボワさんは当日、セルバテラス向かいのタクシー乗り場付近で出店してくださいます!

ここまで読んだそこのあなた!ぜひぜひお立ち寄りくださ〜い!

 

-------------------------------------------------

■Izumi Marche 公式ホームページ
http://izumimarche.com/

 

■Izumi Marche Facebook
https://www.facebook.com/izumimarche/

 

■Izumi Marche twitter

https://twitter.com/izumi_marche

 

■お問い合わせ先

otoiawase@izumimarche.com

-------------------------------------------------

 

Izumi Marche2017 コンシェルジュのお店紹介1 「ビストロ シェ・アルモニ」

みなさん、こんにちは。

宮城大学ART STANDARD.の咲里奈です!

 

去年に引き続き、私たちコンシェルジュが

泉マルシェに出店するお店の紹介をしていきます♪

 

今回紹介するのは、仙台市営地下鉄東西線の大町西公園駅から徒歩5分の
ところにある「ビストロ シェ・アルモニ」さんです!

 

 

2012年にできた、本格的なフランス料理がお手頃な値段で楽しめるお店です!

 

最近できたお店だったため、このお店を始めたきっかけを聞いてみました。

 

夫婦の結婚10周年で自分たちのお店を開きたいという夢があり、実際に

結婚10年の結婚記念日である2012年2月11日にお店を開いたことがきっかけ

だったそうです。なんだかとっても素敵ですよね!!

 

お店はとても落ち着いていて、アットホームな雰囲気があり、

初めてくる人も入りやすいと感じました。

そこで、雰囲気づくりのこだわりについても伺いました。

 

フランス料理店は形式ばっていて、なかなか入りづらいイメージがあると

思いますが、そのイメージを払拭し、私たちにフランス料理は身近な存在

であることを伝えたいという想いを大事にしているそうですよ〜!

 

 

お店には、ショーケースに入ったかわいらしいお菓子がたくさんあり、思わず

眺めているとなんと、写真に写っているこちらのプリンをいただいてしまいました!!

蔵王産の高級な卵を使っているそうで、濃厚でとってもおいしかったです♪

あまりにもおいしかったので、取材が終わった後に買って帰っちゃいました…!

 

 

最後に泉マルシェではどのような商品を販売してくださるのかをお聞きしました。

 

今年は、ピスタチオなどを入れた自家製のソーセージを作る予定だそうです!

まだ詳細は決まっていないようですが、お菓子など手軽に持って帰れるような

食べ物も販売してくださると言っていました〜☆

 

泉マルシェに訪れた際はぜひ、ビストロ シェ・アルモニさんにお立ち寄りください!

また、この機会にビストロ シェ・アルモニさんを知った方はお店のほうにもぜひ

行ってみてくださいね♪

 

-------------------------------------------------

■Izumi Marche 公式ホームページ
http://izumimarche.com/

 

■Izumi Marche Facebook
https://www.facebook.com/izumimarche/

 

■Izumi Marche twitter

https://twitter.com/izumi_marche

 

■お問い合わせ先

otoiawase@izumimarche.com

-------------------------------------------------

Izumi Marche 2016 コンシェルジュのお店紹介10 「アンバーロンド」

皆さんこんにちは。

宮城大学ART STANDARD.の安娜です。

 

 

今回は第10弾です。

今年の泉マルシェに出店するお店が最後の紹介となります!

 

 

今回取材に行ってきたのは、青葉区の国分町にお店をもつ「アンバーロンド」さんです!!

常にビールの最先端を極め、オーナーさんがとても素敵なビアバーのお店です✨

 

 

 

では、早速お話を聞いていきましょう。

 

 

 

 

 

 

お店について教えてください!

 

→このお店は僕が学生の時ヨーロッパに訪れた際にそこのビールに興味を持ち、日本でもヨーロッパビールの良さを

伝えたいと思い、2008年にオープンしました。

→お店の名前であるアンバーロンドの由来は、ドイツ語でアンバー=琥珀(ビールの色)、ロンド=和になって回る円舞曲

です!

 

オーナーさんはビール好きな人やそうでない人にも本当に美味しいビールを知って欲しい一心でこのお店アンバーロンド

を作られたんですね!!

お店の名前も店内で楽しくビールを飲みながら、ビールについて語ったりその他日常で起きたことを周りの人に聞いて

もらったりなど…とても和やかな雰囲気を醸し出しているような店内にぴったりなお店の名前ですよね(*´▽`*)

 

 

 

続いて、このお店にあるビールについて教えてください!

 

→ビールの種類は、樽生6,7種類、瓶約50種類あります。

→あと、ここのお店のクラフトビールなんですよ。クラフトビールとは、しっかりとしたビールを作る技術を持った

職人さん達が丹誠を込めて作った美味しいビールのことなんです。そこらのビールとは、一味違うものなんですよ(*'▽')

→やっぱり季節毎にビールは違うよ。年度に関しても、毎年同じビールができるとは限らなくて、その年度にできた

ビールは一生にたった一本のビールなんです✨

 

一度お店に来て飲んだビールはもう一生飲めない味、風味の特別なビールになるんですね!!

まさに、ビールとの一期一会の出会いにーーー((笑

オーナーさんがその日のお客さんの気分に合わせてビールをチョイスしてくださるので、

毎回お店に行くのが楽しみになりますね。

 

 

 

 

 

 

 

こんな素敵なオーナーさんのお店は、他のビアバーさんのお店との違いや特徴といった強みは何ですか?

 

→ビアバーは一般的にビールを飲んで楽しむところですよね。私のところはそれにプラスして、

お客さんに常に最先端のビールを提供しています!ビール知識に誰よりも負けないぐらい自信があります!!

あと、僕はイベントの主催したり、積極的に参加したりしてるんですよ。

(下の)パンフは9月に行なわれたビールのイベントです!とても盛り上がったので楽しかったんだ。

年間を通して、もっとたくさんのイベントが開催されるんですよ。是非、チェックして見てください。

(下の)もう一つの「仙台ビールマップ」とあるんですが、これは僕が作ったんですよー((笑

これだと自分のお店以外のビアバーのお店を紹介しているから、自分のお店にとっては不利益かもしれないけど、

そんなの関係ないんだ。僕はただもっとみんなにビールについてもっと知って欲しくて作製したんだ(*ノωノ)

 

凄いですね!!とても積極的なオーナーさんだなぁ。聞いてところによると8月の山の日に石巻のホップ畑に

大人達で遠足に行っただとか…とても楽しそうですね(*´▽`*)

 

 

 

 

 

 

これは、私個人的に気になったものです。瓶の栓で飾ったクリスマスリースなんだそうです。

ここにもオーナーさんの遊び心が窺えました✨

 

 

 

 

 

 

そんなアンバーロンドさんは今年の泉マルシェに手作り餃子とオーナーさんがチョイスしたビール

を出店してくださるそうですよ。とても楽しみですね♡

 

 

 

では、最後に当日泉マルシェに来場する皆さんにとメッセージを頂きました!

オーナーさん「あなた好みのビールが必ず見つかります。是非、休日の昼間から楽しみながら飲んでください!!」

とのことでした♪

 

 

当日お待ちしておりますー!!

 

 

次回は今年取材した最後のお店について紹介します。

是非、チェックしてみてくださいね(*´▽`*)

 

 

Izumi Marche2016 コンシェルジュのお店紹介9 「ラトリエ ドゥ ヴィーブル」

 

こんにちは!宮城大学ART STANDARD.1年のゆいです!

 

今回は、私たちコンシェルジュが泉マルシェに出店するお店を紹介します。

 

今回紹介するお店は、日仏食堂の「ラトリエ ドゥ ヴィーブル」さんです!

 

 

地下鉄勾当台公園駅から約徒歩15分の位置にある、フランス風の照明がおしゃれな外観に、店内も落ちついた雰囲気の大人なお店です。

ですが、お客様は大人ばかりではなく学生さんもいらっしゃるのだとか!

 

 

ラトリエ ドゥ ヴィーブルさんは地元宮城県の食材を使い、フランスの食文化をお客様に楽しんでもらうことをコンセプトにしています。定番メニューがこちら!

 

 

お客様にお料理をおすすめする時も,そのお客様のその時の気分や好みに合わせてお料理をおすすめしているそうです。

お客様のことをとても考えてらっしゃる素敵なお店です…!!

 

そんなラトリエ ドゥ ヴィーブルさんが今回泉マルシェで出展するのは、宮城原産の赤豚を使用した炭火で焼いたハムフランスの惣菜やカスプルート(サンドイッチのようなもの)の盛り合わせだそうです!

これを食べにお越しになるリピーターのお客様もいらっしゃるとのことだったので、とても楽しみなお料理です!

当日はぜひ!ラトリエ ドゥ ヴィーブルさんにお立ち寄りください。

 

 

Izumi Marche 2016 協賛品 エコバッグのご紹介

 

こんにちは。宮城大学ART STANDARD.の高橋です。

 

今回は協賛品のご紹介をします。

 

泉マルシェでは毎年、来年度開催のための個人協賛のお願いをしており、

一口1,000円以上のご協賛いただいた方に、エコバッグをプレゼントしています。

毎年ご好評いただいているエコバッグ、2016年度のデザインはこちらです!

 

 

デザインを担当した宮城大学ART STANDARD.の成田に、デザインについて聞いてみました。

 

 ・泉マルシェの賑やかで上品な雰囲気を表現しつつ、男女問わず使っていただけるもの。

 ・時計をモチーフとし、泉マルシェを象徴するものひとつひとつを文字盤の代わりにすることで、

  泉マルシェのあらゆるものが「特別な時間」を作り出しているのを表現すること。

この二つを心がけてデザインしたそうです。

 

大きく丈夫で、とても便利なエコバッグです(^^)♪

 

 

ご協賛は、パンフレット138番本部テントにて受付しております。

 

 

素敵なエコバッグ、ぜひお手に取ってみてください♪

 

 

-------------------------------------------------

■Izumi Marche 公式ホームページ
http://izumimarche.com/

 

■Izumi Marche Facebook
https://www.facebook.com/izumimarche/

 

■お問い合わせ先

otoiawase@izumimarche.com

-------------------------------------------------

 

 

Izumi Marche2016 コンシェルジュのお店紹介8 「イルチルコロ」

こんにちは、宮城大学ART STANDARD.2年の横山です。

 

 

前回に引き続き、今日も泉マルシェに出店していただく店舗のひとつをご紹介します!

 

 

今回取材させていただいたのは、仙台市青葉区国分町のイタリアンレストラン「イルチルコロ」さん!

仙台市地下鉄南北線「広瀬通駅」から徒歩5分、赤いヒサシと爽やかな白塗りの木の壁が目印のお店です!

 

 

お店のなかに入ってみると、外とは対照的に、温かみのある雰囲気…き

 

 

店長の吉田克則さんが迎えてくださいました。

 

 

 

 

さっそく、取材開始です!

 

 

まずはお店の名前の由来からお聞きしました。

 

 

吉田さん:「イタリア語で『イルチルコロ』は『サークル』の意味。『お客さまが集う』ことをイメージしていて、お客さまとの繋がりやお付き合いを大事にしていこう、というコンセプトのもとにつけた名前になっています。」

 

 

素敵なコンセプトですね…!

お店の内装も、木造りで温かみがあって素敵だと思ったのですが、何かコンセプトがあるんでしょうか?

 

 

吉田さん:「内装は、じつは店舗専門の業者さんではなく、一般住宅の会社の社長をやっている中学からの友達が作ってくれたんです。イタリアの田舎のトスカーナっていう地方のお家みたいな、そういう家庭的な雰囲気を心がけて作ってもらいましたね。」

 

 

だから温かい落ち着いた雰囲気なんですね…!

 つぎに、 お店で料理をお出しする上で、なにかこだわりはありますか?

 

 

吉田さん:「市販で加工したものを使わずに、自分の目で選び抜いた生の食材から自分の手で作る、ということを第一に大切にしていますね。

 また、うちはイタリア料理のなかでも、メインでお肉の料理を食べてもらいたいお店なんです。うちのお店では、豚肉は庄内地方の鶴岡の山伏豚、牛肉は岩手の久慈市にある『いわて山形村短角牛』というブランドのお肉を使っています。この「短角牛」、日本で一般的な「黒毛和牛」に比べて何が違うのかっていうと、牛肉の脂身のこと『サシ』っていうじゃないですか。それが比較的少なくて脂っこくない。だけど、そのぶん、旨味成分がたくさん入っているお肉なんです。グルタミン酸とかイノシン酸とか。黒毛和牛の倍くらい入ってるんですね。なので噛み締めてたべるととても美味しい品種ですね。これ、実はヨーロッパに多いタイプの牛なんですけど、だからとってもワインに合うんです。短角牛と赤ワインの相性をぜひ楽しんでもらいたい。これはお店のコンセプトの一つですね。」

 

 

こだわりのお肉を扱い、また、ワインと料理の相性も大事にされているんですね!

 

 

吉田さん:「ワインの品種と料理のペアリングはいつも考えていますね。お店の特徴の一つでもあります。フェア中は、その州のぶどうの品種のワインをお出しするようにしていて、それがその州の料理に合うんです。

 豆知識なんですけど、ほとんどのイタリア料理に使うオリーブオイルのオリーブと、ワインに使うぶどうの産地を揃えると、料理とワインの相性がすごくよくなるんです。これはなんでかというと、イタリアはほとんどの地域で、オリーブとぶどうを隣接した畑でつくっていて、そうすると、土壌のミネラルや栄養分を共有したものになるじゃないですか。だから、自然と相性がよくなる、ということなんです。これはイタリア料理特有の面白い部分ですね。」

 

 

これは興味深いことを聞きました…!

自分もワインが飲めるようになったら、ぜひ、試してみたいです(笑)

 

 

 

 

つぎの質問です。いまお店でおすすめしているメニューは、何かありますでしょうか?

 

 

吉田さん:「今年の6月くらいから、月代わりでイタリアの地方料理フェアを始めたんです。イタリアには20の州があるので、その州ごとの料理をテーマにしたものを出しています。これをおすすめしたいですね。今月はラツィオ州です。今回イタリア中央地震があったじゃないですか。それで大きな被害をうけた州なんです。そこのアマトリチャーナっていう料理をお出ししているんですけど、これを注文していただくと、そのお金の一部を、イタリア大使館を通して現地に寄付させていただくことにしています。」

 

 

イタリアから食材や知識を取り入れるだけでなく、現地への恩返しもされているんですね…!

 

 

吉田さん:「僕自身、イタリアが好きでイタリア料理屋をやっているので、少しでも協力したいなっていう気持ちですね。月いっぱいはやっているフェアなので、ぜひご賞味いただきたいです。」

 

 

つぎに、お店でお出ししているデザートで、おすすめを教えてください!

 

 

吉田さん:「クレーマ・カタラーナというデザートが人気ですね。フランスにクリームブリュレというお菓子がありますよね。これは冷蔵したものの表面を焦がすので、全体的にそんなに冷たい部分がないものになるんですけど、クレーマ・カタラーナはカチカチに凍らせたものの表面をバーナーで焦がすので、半分くらいとけて暖かくなって、もう半分は凍ったまま冷たい部分が残る、その状態がとても美味しいデザートなんです。また、クレーマ・カタラーナはオレンジ果汁を使うんですけど、うちではシチリア産のブラッドオレンジの果汁をいれていて、独特の風味と酸味と相まって、お客さまもハマってくれますね。元々はスペインのカタラニア地方っていうところのデザートなんですけど、南イタリアが昔スペインに統治されていたときに、イタリアにも伝わってきた料理なんだそうです。

  あとは、ティラミスによく使われる、『マスカルポーネチーズ』を使ったチーズケーキがおすすめですね。ヨーグルトの酸味とすごく相性がいいので、特製のヨーグルトソースをかけています。これ、シャンパンとかスパークリングワインとかにもすごく合うんですよ。」

 

 

想像しただけでも美味しそうなデザートですね…!

さて、つぎはいよいよ泉マルシェ当日にお出ししてくださる商品についてお聞きします!

 

 

吉田さん:「今回はチキンの料理を出そうと思っています。スパイスに漬け込んでグリルにしたチキンですね。ぼくは料理人として、スパイスやハーブの使い方を特に勉強していて。イタリア料理ってほんとはスパイスってあんまり使われてなくて、ハーブをメインで使うんですけど、僕自身の興味から、カレーとかによく入っているクミンとか、そういった辛いスパイシーな香りのするものを使っているんです。

 

 

 

 

 これが料理に使うスパイスです(写真参照)。パウダー状のものがクミン。カレーの主な原料になるものですね。これが全体をまとめるメインの香りになります。黒い粒は黒胡椒です。香辛料の王様とも言われていて、これでピリッとしたアクセントを出します。ハーブはオレガノ といって、ピザとかによく使われるものですね。この3種類をもみ込んだものに鶏肉を漬け込んで、焼く。そしてこれとは別に、パプリカとかトマト、ほうれん草などを使って作った特製のソースと一緒にお出しします。さっきもいったように、ほんとはこういったスパイスを多用するのはイタリア料理的ではない味付けの仕方なんですけど、お店独自の味として楽しんでいただければと思います!」

 

 

なんと今回、お料理を少しだけ味見させていただきました!

スパイスでよくつけ込まれたお肉は、香ばしいスパイスの味がとても美味しく、そしてなんといっても、お肉が柔らかい!

 

 

吉田さん:「肉は、スパイスに漬け込む際に一緒に入れる、玉ねぎやニンニクの酵素のはたらきによって柔らかくなるんです。当日はクラフトビールも一緒に販売するので、ぜひ一緒に楽しんで貰えばと思います!」

 

 

スパイシーで香ばしいチキンは、間違いなく冷たいビールに合いますね…!

では最後に、泉マルシェに来てくださるお客さまへ、ひとことメッセージをお願いします!

 

 

吉田さん:「食事と一緒に、お店の雰囲気を知って、楽しんでいただけたらと思っています。

美味しいチキンとビールを用意しています、ぜひお越しください!」

 

 

最後に、お店の前で一緒に写真を撮らせていただきました!

 

 

 

 

 

吉田さん、お忙しいなか取材に応じてくださり、ありがとうございましたー!

 

 

みなさんも素敵なレストラン「イルチルコロ」さん に、そして泉マルシェの出店に、ぜひ足を運んでみてくださいねき

 

------------------------

 

カフェ/お菓子教室 La Douce Vie

〒982-0032

宮城県仙台市太白区富沢1-12-2

TEL:022-243-0880

 

------------------------

 

-------------------------------------------------

■Izumi Marche 公式ホームページ
http://izumimarche.com/

 

■Izumi Marche Facebook
https://www.facebook.com/izumimarche/

 

■お問い合わせ先

otoiawase@izumimarche.com

-------------------------------------------------

Izumi Marche2016 コンシェルジュのお店紹介7 「オーボンフェルマン」

こんにちは!宮城大学ART STANDARD.の阿部です。

今回も私たちコンシェルジュが、泉マルシェに出店するお店を紹介します!

 

今回取材に行ったのは、「オーボンフェルマン」というお店です!

 

 

オーボンフェルマンさんは、地下鉄勾当台公園駅から徒歩3分のところにある

ワインとチーズの専門店です。

 

お店の中に入ってみると、落ち着いた雰囲気でとてもおしゃれでした。

そして、ヨーロッパ各国のワインとチーズがたくさん取り揃えられていました!

 

 

 

さっそく、店長さんにお話を伺いました!

 

お店の中にはたくさんのワインとチーズがありますが、中でもオススメの商品は何ですか?と尋ねたところ、

ハイジでもお馴染みの「ラクレット」というチーズがオススメということでした!

 

ラクレットという名前は、フランス語でラクレという「削る」というところからきているそうです。

なんと、このラクレットは泉マルシェでも販売してくださるそうです!!

当日はこのチーズをオーブンで溶かし、とろっとしたところを

パンと一緒に食べることができるそうですよ〜♪

 

 

また、白ワインやスパークリングワインなどの初心者でも飲みやすいものや、

お子さんやアルコールが苦手な方でも飲むことができる炭酸飲料も用意しているそうです!

 

 

味は、レモネード、ブラッドオレンジ、プレーンの三種類です。

ビンのデザインがとてもおしゃれですよね♪

こちらもぜひチェックしてみてください。

 

泉マルシェ当日は、資格を持った店員さんがお客さんの好みに合わせた

おいしいチーズとワインをセレクトしてくださるそうですよ〜!

みなさんぜひ、オーボンフェルマンさんにお立ち寄りください!

 

最後に、オーボンフェルマンさんは最近Facebookをはじめられたそうです。

商品やセミナーなどのイベント情報が掲載されているのでぜひ見てみてください!

 

オーボンフェルマンさんFacebook

https://www.facebook.com/aubonsferments

 

-------------------------------------------------

■Izumi Marche 公式ホームページ
http://izumimarche.com/

 

■Izumi Marche Facebook
https://www.facebook.com/izumimarche/

 

■お問い合わせ先

otoiawase@izumimarche.com

-------------------------------------------------

Izumi Marche2016 コンシェルジュのお店紹介6 「IL CUORE」

 

こんにちは!宮城大学ART STANDARD.1年の蒼です。

 

前回に引き続き、私たちコンシェルジュが

泉マルシェに出店してくださるお店をご紹介します!

 

 

今回ご紹介するお店は、

青葉区一番町のイタリアンレストランIL CUORE(イル クオーレ)さんです。

 

 

 

地下鉄青葉通り駅から徒歩10分ほどの場所に位置するこちらのお店では、

旬の食材を使ったパスタやお肉・お魚料理とともにイタリアワインをいただけます。

 

 

 

 

ゆっくりと食事を楽しめるテーブル席と

おしゃれなカウンター席を備えた落ち着いた内装は、

お店の方のご友人がデザインされたそうです。

 

 

普段お店でいただくことのできるメニューの中でのおすすめは、

自家製のパスタ地元の魚料理を使った前菜だそうです!

 

メニューは季節によって色を変えているそうで、これから秋になると

さんまや、ポルチーニ・トリュフなどのきのこ類を使ったお料理が

メニューに加わるということです。

 

 

そんな食材選びにもこだわりが♪

メインに地元の食材を使い、あわせてイタリアの食材を使っているのだそうです。

 

地元の素材を大切にしながら、本場の味を楽しめるよう考えられているのですね!

 

 

 

泉マルシェに先駆けて、イル クオーレさんの味をお店で味わいたい!

という方のために…

 

初めてお店を訪れる方におすすめの楽しみ方を伺いました。

 

「お店の味を知っていただくためには、要予約のコースがおすすめです。

 旬のものが食べられるお得なコースになっています。

 もちろん、初めて立ち寄った方には、お肉料理・お魚料理などの好みを聞いたうえで、

 旬の食材を生かした料理をおすすめすることもできます!」

 

 

また、泉マルシェ当日はイタリアの郷土料理を販売していただきます。

 

自家製のソーセージと、

自家製フォカッチャと野菜をそえたトリッパの煮込み

を用意してくださるそうです!

 

 

 

最後に、泉マルシェにいらっしゃるみなさんにメッセージをいただきました。

 

「初めて参加させていただくイベントなので、とても楽しみにしています。

 イル クオーレの味を楽しんでいただけたら嬉しいです。

 ぜひお越しください!」

 

 

泉マルシェ当日は、イル クオーレさんで

こだわりのイタリア料理をお楽しみくださいディナー

 

 

 

-------------------------------------------------

■Izumi Marche 公式ホームページ
http://izumimarche.com/

 

■Izumi Marche Facebook
https://www.facebook.com/izumimarche/

 

■お問い合わせ先

otoiawase@izumimarche.com

-------------------------------------------------